">

トップ頁の上



トップ頁の下


反訳 | 一般社団法人日本反訳士協会

協会の案内
協会の会則
職名商標の説明
書類作成システム
公用文書式について
文字起こし手順
書類作成価格表
文字起こし技能養成講座のお知らせ


協会分布白地図


音声の雑音、ノイズ除去



裁判情景イラスト


問合せメールフォーム

反訳に関する
お問い合わせはこちら



 
ご注意 このページはメイリオンフォントが使用されています。
反訳フォントのダウンロードはこちらから




反訳




 
協会案内
 一般社団法人日本反訳士協会は・ICレコーダー・ボィスレコーダー・ドライブレコーダー・携帯端末・DVD録音動画装置など,あらゆる*音声記録フォーマットで収録された音声を文字化,公用文書式の反訳書に整える業務を行っています。
 さらに,裁判の法定に提出する証拠資料の反訳書作成技術を習得する反訳士職名取得通信講座も随時入講を受け付けています。
 
通信講座では反訳士協会が考案,開発した反訳書作成システムの操作技能を習得します。
 習得,認定後は音声文字化スペシャリストの「反訳士」の職名で社会活動が実現します。
 又,在宅開業の支援も行っています。


 音声文字化技術では,あらゆる録音機器に記録された音声会話を最大10名までの会話者を秒単位のタイムコードを示し自動分類文字化技術と公用文フォームに反訳書として整える高度のノウハウが修得できます。

 又,反訳書の作成では,依頼者各位との通信は暗号化処理を原則とし,個人情報のコンプライアンス(法令・社会規範・倫理)は遵守し反訳業務を行っています。
   ●当協会は以下業務を行っています。
 ・裁判所提出用証拠資料の反訳書作成。
 ・議事録作成。
 ・会議録の作成。
 ・講演録の作成。
 ・対談記録の作成。
 ・取材で記録文字化文書の作成。
   ・時間系列表記、公用文証拠資料の作成。
   ・第三者を証明する記名捺印証拠資料の作成。
   ・音声のノイズ、雑音除去、明瞭化技術の提供。
   ・公用文書式の自動文書形成システムの開発。
   ・録音音声の文字化スペシャリストの技能養成講座主催。
   ・反訳士の職名認定業務。
   ・反訳業務の在宅開業支援。
   ・文書作成技術者の情報交流。
   ・業務に関する広報活動。
   ・反訳専門技術者の*1役務ライセンス提携契約業務。
   ・専門技術者の*2)の区分ライセンス提携契約業務。


 *1役務とは:
商標法では,独立し取引の対象とした他人のために行う労務で,商標法よる役務は,第35類反訳,テープ起こし,第41類セミナーの企画運営,電子出版物の提供,出版物の製作,教育,その他,の法的権利が権利者に保有されています。


*2)区分とは
商標法の区分とは役務の区分で特許庁に商標を登録出願のとき,指定役務が定められた区分として決められ権利が定められています。





公用文書式文書作成システム
公用文作成PCシステム

反訳書の作成

    専門技術者のバッチデザイン 一般社団法人 日本反訳士協会

〒355-0152 埼玉県比企郡吉見町和名46番地-104
TEL 0493-54-2664

協会の地場所


Copyright (C) 2013 Nihonn hanyakushi Kyoukai. All Rights Reserved.
証拠資料の作成 |【一般社団法人 日本反訳士協会】



解析ロゴ2