水掛け論

 トラブルの歴史は人そのものの歴史です。
初めは気にとめず小さなゴタゴタで直ぐに修まり解決すると思っていた。しかし,その気持ちとは反対に問題が徐々に大きくなって,考えもしなかったことなので不愉快で不安な気持ちを抱える事になってしまう。

 すると,日常生活や仕事に影響が現れ生活リズムも乱れ,その心配ごとが頭か離れず,身も心も疲労困憊(こんぱい)してしまう。

 
今まで,トラブルの解決には誠意を尽くし応じてきた。しかし,考え方や価値観が異なり,さらに,人の話は聞き流し自己の主張だけを押し付け,全く話は噛み合わず結局は水掛け論になってしまう。


証拠の提出条件

 そこで,日頃から信頼していて助言が得られる仲間,知人,先輩らを訪ねてアドバイスを受けた。しかし,解決の道筋が見えない。

  さらに,公(おおやけ)の相談場所(国民生活センター,労働基準監督署,暮らしの窓口,法律相談,法務事務所)など訊ね歩いても良い案が見つからない。


 そこで,しかたなく,最後の拠(よ)りどころとしていた法的な解決しかないと一大決心して裁判所に足を運ぶことになる。

 第三者の裁定を仰ぐ裁判を選択したとき,怒りの気持ち,悔しい思い,情けないことを並べ立て述べるだけでは,自分が思い描いる良い結果や裁定を得ることはできない。

 裁判でと心に決めたら,相手方との直接面談や交渉は辞める。

  • 言った!言わない!

  • 聞いた!聞かない!

  • 書いた!書かない!

  • 出した!受けていない!

 など,結局は口角泡を飛ばす(こうかくあわをとばす)言い合いが続き嚙み合わず行きつくところ水掛け論になってしまうのだ。

 過去に当職の叔父(元東京高等裁判所判事)に水掛け論は裁判で解決できますか?と尋ねたら,答えとして「裁判所に訴えてくる人々は問題点,争点,論点,事案が一件一件の事柄や事情が違う。」そこで,最も大切なことは論(ろん)は後,証拠が先「弁舌多く言葉,書類で説明を重ねるよりも,たった一つの証拠が目の前に示されれば直ちに勝敗は理解できる。」と,全ては証拠,証拠なのだと聞いた。


そこで,証拠とは

  • 自分ではなく,他人が事実だと発言した言質,証言,供述

  • 人を除く物的なもの

  • 事実が存在するかしないを示す直接的なもの

  • 物を間にした間接的に要証の事実を証明する役立つ間接的なもの

  • 裁判官や検察官の尋問に事実と答えた供述の内容

  • 人が話した内容の非供述証拠


 さらに,「裁判では事案,事件の白黒を決めるのではなくて,黒か黒ではないかを見極めて,黒でないとした事案や事件がどんなにグレーに近い黒だとした場合は判断はとても難しい。」のだと。

 したがって「真実を証明する質と価値の高い証拠が最も重要だ。」と証拠の価値を示す有形,無形の事実も疎かにできないことを知ることができる。



有形力,無形力

 会話に含む行為や会話と同時に聞こえる有形力,無形力を含む反訳とは,

  • 階下マンション住民に上階から昼夜,連日打音を発生し続けるイヤガラセ
  • ラジオやテレビを大音量で深夜,早朝から拡声し続ける
  • 介護,身障施設のリハビリで背後から突き倒し足蹴などの監視カメラ
  • 車の幅寄せや行く手先に物を投げ落しやアオリ運転のドライブレコーダー記録
  • 無言電話と背景に聞こえる雑音と嫌がらせ電話で恐怖を煽り続ける通話記録
  • 伝染病間者を告知されず医師の診察で感染が分かった傷害行為のレコーダ記録

さらに,物で机を叩き威嚇する,身近な物を投げ飛ばす,蹴とばす,暴言,脅迫,人格権侵害,など,有形無形の状況記録を詳密に文字に起こす反訳は重要なことなのです。

 昔のカセット,ビデオテープレコーダー,近年のICレコーダー,ボイスレコーダー,ドライブレコーダー,携帯端末,固定電話,監視ビデオなどには,証拠価値の高い情報が豊富に記録されています。

 年月日,誰と誰れが,何を,何した。さらに環境情報(テレビ,ラジオ,緊急車両,航空機の通過音,防災行政無線放送,店舗,車内,社内放送)は証拠日時を裏付ける情報も豊富に含まれているのです。


 裁判反訳の基本は当事者を含め複数の反訳士が同一音源を耳にし慎重,かつ正確に確認しながら公用・行政用語法に準じ証拠資料の反訳書を作成するのが絶対条件です。




さらに,匿名化

 裁判で提出した証拠書面資料は裁判終結5年経過後に,判決,和解調書以外は廃棄されると有ります。しかし,その期間内では,いつでも,誰でも,閲覧申請手続(閲覧申請書と収入印紙,身分証明,印鑑の用意があれば閲覧が可能と有ります。

匿名化校正用反訳書証拠の資料として作成された録音音声反訳には時として裁判の当事者以外の個人,法人のプライバシーが識別できる 氏名, 生年月日, 属名, 学名, 住所, 電話番号, メールアドレス, 会社名, 職位, 通称, 雅号,社名, 屋号, 芸名, 入所,入院,看護,検査記録が音声に含まれていて,他人に,その情報ガ識別されますと,場合によっては名誉毀損,業務妨害などなどに抵触を考えた反訳書の匿名化は無視でき無いことなのです。 






証拠の情報量

 録音反訳で,普通の人が話す会話の速度と情報量は1秒間に約6~7の漢字交じりの文字が音声反訳されます。

 そして,穏(おだ)やかな口調の時は1秒間5文字以下ですが,会話者が激昂(げきこう)した場合は,1秒間9~10の漢字交じりの証拠情報が文字に起こされ反訳されます。

 さらに,複数の人で会話をさえぎる場面になりますと,1秒間10~14が文字が反訳されます。それらを録音時間で比較しますと証拠としての情報量の多さを知ることができるのです。


録音音声 文字数 頁数 行数
15分 16,500 29頁 700行
30分 33,800 58頁 1,420行
45分 51,750 121頁 2168行
60分 68,500 158頁 2827行
1時間15分 83,200 189頁 3420行
1時間30分 79,750 227頁 4072行
1時間45分 113,600 260頁 4671行
2時間 128,500 293頁 5285行
2時間30分 159,000 367頁 6518行
3時間 200,800 458 8,158行

 



人の記憶と校正

 人の記憶能力は驚く程短くてわずか数秒です。
実際に詩文で,テレビ,ラジオから聞こえる話し声をメモにしてみると実感できると思います。

 その会話を文字に起こすと,5~7字程度のはずで,さらに,数字の桁数を確認してみると,7~8桁程度が人の短時間記憶能力なのです。

 したがって,裁判反訳専門職の反訳士だとしても,聞き違いや漢字の誤反訳が生じてしまいます。
 よって,反訳書の作成依頼者と一緒に複数の反訳士が校正して完成させるのが,結果的に裁判では良い結論を得る秘訣なのです。

 特に,地名,業界用語,土地言葉,方言,田舎なまり,地域言葉,俗語などは当事者だけが判断できる重要な証拠情報の内容なのです。


※ 例として,氏名の反訳書校正では,

  録音音声   反訳士の文字起こし 正解(依頼者による校正の結果)
そうけ 宗家 笽(さん)
あくつ 阿久津 圷(さん)
いり イリ 杁(さん)




音声反訳問い合わせメールフォーム

※メール
反訳に関する得問い合わせは





過去の音声反訳作成事例

 ■ 家族,男女間トラブルの音声反訳
 # 離婚(スピード離婚,家庭内離婚,熟年離婚,協議離婚,調停離婚,審判離婚,認諾離婚,和解離婚,判決離婚)
   # 婚約破棄(調度品処分損,慰謝料,損害賠償)
  # 内縁(扶養義務,貞操義務,連帯責任義務,共有財産,子の嫡出性,社会保険社会保障)
   # 虐待(身体的虐待,心理的虐待,経済的虐待,介護虐待,性的虐待)
    # 暴力(学内・職場・施設暴力,民事介入暴力,性暴力,配偶者・家族間暴力)
     # 恐喝(財物)
     # 恫喝(権利行使,金銭債務)
      # 中絶(精神的負担,肉体的負担,慰謝料,後遺症,治療費)
  # 戸籍(非嫡出子,入夫婚姻,婿養子縁組,家督相続,復籍拒絶,廃絶家再興)
   
 ■ 親戚関係のトラブルの音声反訳 
# 葬儀,遺品整理,代襲相続,納税,土地,養子縁組み,同族経営,不動産経営,連帯保証,借地立ち退き,嫌がらせ
 
 ■ 消費者,金銭関係のトラブルの音声反訳 
# 連帯保証,家族及び親族の借金,名義の無断利用,自己破産,取り立て,差し押さえ,競売,過払い,投資詐欺,架空請求,整形美容,葬儀,貸借契約
   
 ■ 人間関係のトラブルの音声反訳 
# パワハラ,セクハラ,退職金,不当解雇,雇用形態,労働条件



反訳書の書式 反訳書の作成料金 反訳書のサンプル 作成手順 
反訳書作成システム ノイズ除去 機密保持 会則
 テープ起こし  通信講座 音声データ  問い合わせ

     linebutton_     はてなブックマークに追加


音声反訳システム


裁判録音反訳

音声反訳 議事録

録音反訳 面談

インタビュー 音声反訳

講演 録音反訳

反訳士通信講座


- 反訳士のつぶやき -
裁判とストレス
血族
内容証明作成は自分?専門家?
貸したお金は…
最近の反訳依頼傾向【民事】
詐欺
剴切の問題
雑談の冥利
惻隠の心
何れの味方か

さいナビ案内

page contents