複数の反訳士が作成

 自分の主張が正しいと証明できる音声や映像の記録を「これが証拠です。」(反訳書)と裁判で提出するとき,その証拠資料(反訳書)を作成する過程では疎(おろそ)かにできないことが有ります。

 証拠資料(反訳書)が正しく作成されたとする裏付けが明解に分かることが第一で,完成度が高く信頼される反訳書は争っている裁判の行方を左右することとなります。

 反訳士は,有形力無形力反訳精度を高める経験と技術を保有しています。反訳の基礎となる録音会話を複数(二名~三名)の反訳士が聞き合せ検証して文字に起します。

 音声反訳では,証拠となる有形,無形の会話を注意深く証拠となる時間(タイムコード)を1秒単位の時刻で,いつ,誰が,その時間に,何を会話したか。そして,会話者,会話内容,証拠会話位置の連続行番号が抽出され公用文・行政文書作成法に準拠し反訳士が整えられます。


証拠書類の校正

 複数の反訳士によって作成された校正用反訳書(ワード書式)は反訳書の作成ご依頼者に送付されます。
 ご依頼者は,漢字,地名,土地言葉,方言,なまり,俗語,当事者達だけが共有している反訳されたテキスト文字を校正していただきます。

 ※ (例)氏名の場合

反訳士は「そうけ」さんを「宗家」と反訳

依頼者の校正結果は「笽」


反訳士は「あくつ」さんを「阿久津」と反訳

依頼者の校正結果は
「圷」

 ※ (例)地名の場合

反訳士は 「いり中」を「伊里中」と反訳

依頼者の校正結果は「杁中」

  
 ※ (例)会話の場合

 反訳士は「あぐばって」と反訳

依頼者は「しつこい」と注釈


反訳士は「気を曲げる」と反訳

依頼者は「イライラする」と注釈


反訳士は 「しらごっ」と反訳

依頼者は「嘘」と注釈

 上記の様に,依頼者の校正を反訳士は受領,再び,音声と聴合「創作や思い違い、思い入れ」が無いのかを確認。

 その結果で疑問や不明ヶ所が検知されたときは,再度,依頼者に第二の校正反訳書を送付し再々校正を行う。

 裁判後の人生をかけて戦っている裁判では提出する証拠資料の作成を確認せず安易に法廷に提出してしまうと,自分が願っていたのとは違う方向に進んでしまうことがあります。それが裁判なのです。

反訳書の作成手順

 ①
反訳書作成依頼の受付け
(メール・FAX・電話)
 ②
反訳条件確認後に見積書提出
 ③
依頼者は,見積書確認後に反訳書の作成発注と指定口座に前払
 ④
入金の確認と反訳作業開始を依頼者に通知(・メール・FAX)
 ⑤
機密保持契約書の締結は依頼者が必要とする場合契約書の甲乙を郵送
⑥ 
依頼者より反訳音源をUSB,CD,インターネット経由で受け取る。
 ⑦
依頼者から受取った音源を裁判所提出用音声フォーマット44.1kHz/16bitに変換

反訳書作成開始する。音源を反訳書作成システムに読込

第一反訳士が校正用反訳書作成開始

第一反訳士が作成した校正用反訳書を第二反訳士確認反訳
⇩ 

第二反訳士が確認した校正用反訳書を反訳依頼者に校正依頼送付
(メール添付又は郵送)
 ⑫
反訳依頼者は文字の間違いなどを(赤文字)で校正,反訳士に返送

(赤文字)校正済み反訳書を反訳士は再度(赤文字)ヶ所を音源と聴合

依頼者の(赤文字)校正ヶ所に問題があった場合は依頼者に再校正を依頼

依頼者の再校正(赤文字)ヶ所を反訳士が確認し 
完成品公用文書式の反訳書三式,音源CD三枚を反訳依頼者に預り品と共に返却納品。
 ⑯
反訳に関する依頼者情報は預り品及び納品完了後1週間で完全削除し,
反訳契約業務を終了とする。


反訳書の書式 反訳書の作成料金 反訳書のサンプル 作成手順 
反訳書作成システム ノイズ除去 機密保持 会則
 テープ起こし  通信講座 音声データ  問い合わせ

     linebutton_     はてなブックマークに追加