✴ 反訳 料金と価格表

 裁判で証拠資料提出する音声データを公用文・行政文用語法に準拠した反訳書を作成する価格表です。

 依頼者が保有する音声メディア(動画,ドライブレコーダー,ICレコーダー,携帯端末,コールシーケンス)で収録したあらゆる録音フォーマットの会話を裁判所に提出する証拠資料として反訳書に整える技術の料金です。

✴反訳書面(証書)は公用文、行政文用語法に準じ作成
✴録音開始から録音終了までの会話時刻を秒単位のタイムコードで表記
✴証拠説明書で必要となる証拠位置を示す連続行番号のが明記
✴音声反訳は全て逐語で表記
✴話者は最大10名で各話者の証拠会話を秒単位時刻表記
✴納品は,第三者証明の証(あか)しの反訳士が記名(署名)押印


反訳書作成価格表 (税別)

内  訳 料金
反訳 音声データ時間 30分まで 12,000
30分から15分毎 6,000
校正 校正用反訳書 30分まで 6,000
30分から15分毎 3,000
   
※制作  印刷製本 反訳書   3冊(裁判所・相手側・本人) 6,000円 
CD制作 音源   3枚(裁判所・相手側・本人) 6,000円 
 
集配 荷造引取配送 着払い 依頼者負担

※校正の説明:
校正反訳書は(ワード形式)提供されます。必要であれば印刷してお渡しすることもできます。(別印刷代)

※制作の説明:
裁判所に提出の完成品反訳書の一式は以下で,

✴反訳書は白色紙で白黒印刷し三冊が納品。

✴反訳基の音源は,CD(Digital_Audio44.1MHz,16ビット)で焼付三枚が納品で,音源の録音時間が60分超えた場合,MP3(128Kbps、44.1kHz、16ビット)圧縮フォーマット焼付けで納品になります。


反訳書三式と反訳音源三枚


✴校正用反訳とは

 裁定によって人の将来が左右さりる裁判所に提出する反訳書の作成工程では,録音した当事者の反訳校正は欠かせない重要な工程です。

 先(ま)ず,同じ音声を耳にし第一反訳士,第二反訳士と経由し校正用の反訳書が作成されます。

 依頼者に,その校正用反訳書を全ページ送付いたします。送付された校正用反訳書を確認していただきます。

 確認では,訂正,修正,固有名詞,誤字,脱字,数字,追加などを赤文字(あかもじ)で指摘いただ,それを日本反訳士協会にご返送頂きます。

 依頼者から受け取った日本反訳協会では,赤文字(あかもじ)箇所を再び音源と再聴合,その結果で反訳書は完成されます。

※以下,校正反訳書は電子データ(ワード形式の書式)で機密保持され送付されます。


校正用反訳書



反訳 音声の明瞭化技術料金と価格表

反訳の音源の雑音及びノイズ除去し音声の明瞭化技術を提供いたします。
裁判所に提出する反訳書には,反訳のもとになる音源も付随して提出されます。その音源の音声が雑音やノイズで聞き苦しい状態を低減する音声明瞭化技術を提供します。
反訳で聞き取り違いや聞き間違いを予防し,証拠音源の価値を高める音声明瞭化技術の提供料金と価格表です。

音声明瞭化技術の価格表 (税別)

内  訳 料金
制作 音声データ時間 15分まで 10,000
15分から1分毎 1,000
集配 全ての荷造り配送 着払い  依頼者負担
   

【 雑音やノイズ低減の種類 】
❖ 会話の背景に聴こえる雑音。
❖ マイクが衣服に触れスレ音。
❖ 録音機の性能による音質低下の向上。
❖ 濁音「だ・じ・ず・ぜ・ぞ」の明瞭化。
❖ サ行の歯擦音(しさつおん)の明瞭化。
❖ 会話に混入する緊急車両のサイレン低減。
❖ 電車、車両、航空機の通過妨害音。
❖ 換気扇やクーラー、モーターうなり。
❖ 板張り廊下の歩行音、椅子のひきずり音。
❖ 会話中のクシャミや咳払いの低減。
❖ 面談中捨て台詞(せりふ)音の拡大。
❖ 同席者のつぶやき会話の明確化。
❖ 電話や携帯電話から漏れ聴こえる声の拡大。
❖ あらゆる雑音(ノイズ)の除去。



反訳書の形態と納期

① = 音声データの時間

② = 反訳された文字数

③ = 公用文書式の反訳書に整えられた頁数

④ = 会話者の発言行数

⑤ = 反訳の開始から校正反訳書の提示予定日

⑥ = 校正完了後、確認後の完成納品予定日


 

 

 

 

 

 

 音声データ
(
)

 文字
(
文字数)

 ページ
(
頁数)

全頁
行数)

 校正反訳書
(
提出)

 完成反訳書
(
納期)

 15

 16,500文字

 29

 700

 4

 7

 30

 33,800文字

 58

 1,420

 6

 9

45

 51,750文字

 121

 2,168

 8

 11

 1時間00

 68,500文字

 158

 2,827

 9

 12

 1時間15

79,750文字

 189

 3,420

 10

 13

 1時間30

82,800文字

 227

 4,072

 11

 14

 1時間45

113,600文字

 260

 4,671

 12

 15

 2時間00

128,500文字

293

 5,285

 15

 18

 2時間30

 159,000文字

 367

 6,518

 16

 20

 3時間00

 200,800文字

458

 8,158

 17

 23


  • 公用文書式反訳書面見本



公用文反訳書の書式

反訳書サンプルは
クリックで拡大